掲示板芸能ニュースに様々な芸能情報が集まる!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

関西テレビが木村拓哉に反撃か 草なぎ剛主演のドラマを全面バックアップ

国民的アイドルグループSMAPが“最後の日”を迎えたのは昨年12月26日、『スマスマ』最終回のことだ。'88年に結成、CDデビュー25周年を迎えていた彼らはあまりにも静かに姿を消した。

「5時間にわたる特番でしたが、歴史を振り返る総集編ばかりで期待された生出演は実現しませんでした。これまであまり触れられなかった森且行の脱退、稲垣吾郎と草なぎ剛の逮捕劇が取り上げられた一方で、世の中を激震させた'00年の木村拓哉と工藤静香のデキ婚はスルー。こちらでもメンバー間の扱いの差が浮き彫りにされました」(スポーツ紙記者)

また出演が確実視されていた、12月31日のNHK紅白歌合戦で有終の美を飾ることもかなわなかった……。

「NHKがSMAPにオファーし続けていたことは間違いない。そしてメンバーもまた、出場に前向きになっていたというのも確かでしょう。ただ、事務所が本気で彼らを紅白に出場させる気がなかった。というよりも、メンバーと事務所間の意思疎通を図れるパイプ役のスタッフが最後までいなかったことが原因だと思います」(テレビ局幹部)

意欲を持っていたはずのメンバーだったが、一向に前へ進まない状況に紅白への気持ちは徐々に薄れてしまっていたという。

「たしかに香取をはじめとするメンバーたちと、木村との確執はあったのでしょう。ですが、昨年8月の解散発表以降は冷静になったのか、溝は埋まっていったように思えます。それでも彼らがひとつになれなかったのは、元マネージャーであるIさんのようなカリスマ性のある人間がいなかったということでしょうね」(制作会社関係者)

修復不可能なSMAPであったが、ファンは彼らを信じて最後まで解散撤回を訴えた。

「新聞の個人広告での応援メッセージや、都電荒川線を貸し切っての“SMAP電車”。さらには4000万円近い資金を集めて朝日新聞に8ページのぶち抜き応援メッセージ広告掲載など、あの手この手で働きかけたのですが……。 諦めきれないファンは紅白歌合戦の本番当日も、会場付近で“M副社長とJ副社長を許さない”“解散は認めない”などのメッセージボードを掲げ、無言の抗議をしていたほどです。それでも、今後もそれぞれのメンバーを応援すると言っていますから頭が下がります」(テレビ誌ライター)

ファンは解散という現実を受け入れがたいであろうが、ソロとしての活動はすでに始まっている。

「来週からは木村と草なぎの主演ドラマが始まります。『ALIFE〜愛しき人〜』(TBS系)は、木村にとって今後の芸能生活がかかった大仕事になりそうです。 これまで『半沢直樹』などの大ヒット作を生み出してきた『日曜劇場』枠で、しかも視聴率を取りやすい医療モノ。共演の竹内結子や松山ケンイチといったそうそうたる顔ぶれは木村側の意向だともいわれています。条件だけを見れば、絶対に失敗するはずがないドラマです」(前出・テレビ誌ライター) 逆に言えば、これで数字が取れなければ前途は危うい、ということになる。

「仮に『ALIFE』がコケたら今後、他局は木村の起用をためらうでしょうね。なにしろ、解散騒動では“裏切り者”扱いされ、すっかりイメージダウンしてしまいましたから。山田涼介の月9『カインとアベル』が惨敗したことでもわかるように今はジャニーズ主演というだけで視聴率が取れる時代じゃありませんからね」(前出・テレビ誌ライター)

4月には主演映画『無限の住人』の公開も控えている木村。ドラマの成果によっては、こちらも共倒れになる可能性もあるかもしれない。『嘘の戦争』(フジ系)に主演する草なぎも正念場となる。

「制作する関西テレビは、看板番組の『スマスマ』を“終了させられた”との思いもあるようで、現場は“キムタクには負けられない”と草なぎを全面バックアップしています」(前出・テレビ誌ライター)

一方で中居正広、稲垣吾郎、香取慎吾の3人は、今年のドラマ出演は予定されていない。現在担当するそれぞれのレギュラー番組を粛々とこなしていく状況だ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

松本人志、NHK紅白歌合戦の演出批判に持論 「他局は負け犬の遠吠え」

松本人志、NHK紅白歌合戦の演出批判に持論 「他局は負け犬の遠吠え」

お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、15日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、『NHK紅白歌合戦』に対する演出批判に持論を述べた。 映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画や、タモリとマツコ・デラックスによる寸劇などに対して賛否が分かれた昨年大みそ...
ぺこ&りゅうちぇるの結婚 裏の「戦略」にマスコミ関係者は脱帽

ぺこ&りゅうちぇるの結婚 裏の「戦略」にマスコミ関係者は脱帽

バラエティ番組やイベントに引っ張りだこのぺことりゅうちぇるが、2016年12月31日に結婚を発表した。公私ともに絶頂を迎えた2人だが、その陰に、したたかな戦略があったという。 2人は同日、『しあわせニュース2016おおみそか』(NHK)に出演した際に、12月28日に入籍したことを報告。その後、『NHK紅白歌合戦...
堀尾正明が「ビビット」に異動 TBSが「降格」させた意図は

堀尾正明が「ビビット」に異動 TBSが「降格」させた意図は

TBSが夕方の報道番組『Nスタ』でキャスターを務める堀尾正明アナ(61)を3月いっぱいでリストラし、4月から朝の情報番組『白熱ライブビビット』に異動させることが明らかになった。 堀尾アナは早稲田大学第一文学部哲学科を卒業後、劇団俳優座で役者として活動した後、1981年に26歳でアナウンサーとしてNHKに...
高橋真梨子が有村架純に激怒?週刊文春の記事に疑問の声も

高橋真梨子が有村架純に激怒?週刊文春の記事に疑問の声も

昨年大みそかの『NHK紅白歌合戦』では、ソロとしては29年ぶり2度目の出場を果たしたベテラン歌手・高橋真梨子。高橋の所属事務所「ザ・ミュージックス」が12日、公式サイト上で「週刊文春」(文藝春秋)を名誉毀損で訴える予定であると発表した。 11日発売の「文春」の記事「紅白司会有村架純が高橋真梨子を怒...
櫻井翔の弟が電通内定? 「兄のコネ入社」疑惑の真相

櫻井翔の弟が電通内定? 「兄のコネ入社」疑惑の真相

嵐・櫻井翔の弟が、大学卒業後の来年4月から、大手広告代理店・電通に入社予定だと報じられた。櫻井家といえば、父・桜井俊氏は、元総務事務次官を経て、現在は三井住友信託銀行の顧問に就任、長男・翔はトップアイドルグループ嵐のメンバー、長女は日本テレビ社員……と、錚々たる肩書が並ぶことで知られている...
「真田丸」のきり役に「ウザい」との声 長澤まさみが本音

「真田丸」のきり役に「ウザい」との声 長澤まさみが本音

女優の長澤まさみ(29)がNHK大河ドラマ「真田丸」(日曜後8・00)に第3話(1月24日放送)からレギュラー出演。堺雅人(43)演じる主人公・真田幸村(信繁)の幼なじみで、生涯のパートナー・きりを熱演してきた。ストレートな物言いや現代風のセリフから、序盤は「ウザい」という声もあったが...
ヒロミの活躍を識者が分析 「お笑いBIG3」が引退したら危ない?

ヒロミの活躍を識者が分析 「お笑いBIG3」が引退したら危ない?

再ブレイクからおよそ2年。気づけばレギュラー、準レギュラー番組をいくつも抱える売れっ子に返り咲いているタレントのヒロミ(51)。自身がMCを務めた『美女たちの日曜日』(テレビ朝日系、2015年4月〜6月)は、視聴率低迷のためわずか3か月で終了してしまったが、それでも勢いは衰えていない。テレビに求め...
元SMAPの草なぎ剛が年内に結婚のうわさ 解散を経て心境に変化か

元SMAPの草なぎ剛が年内に結婚のうわさ 解散を経て心境に変化か

昨年6月に一般人女性との交際が発覚した元SMAPの草なぎ剛(42)が、周囲に結婚を考えていることを報告していたことを、発売中の「女性セブン」(小学館)が報じている。 草なぎの交際は同誌がスクープしたが、お相手は以前から草なぎの友人だった30代の一般女性で、昨年春ごろに交際をスタート。同年1月に勃発した...
SMAP元マネージャーの飯島三智氏 新会社の代表に就任

SMAP元マネージャーの飯島三智氏 新会社の代表に就任

禁無断転載©週刊文春中居正広らSMAP独立組のメンバー4人が、ジャニーズ事務所と契約を更新するか否かに注目が集まる中、SMAPの元チーフマネジャー・飯島三智氏が昨年12月21日、ラオックスの関係者が立ち上げていた新会社の代表取締役に就任したことが「週刊文春」の取材により明らかとなった。 飯島氏は2...
木村拓哉「A LIFE」で視聴率神話が崩壊 作家が語る惨敗の原因

木村拓哉「A LIFE」で視聴率神話が崩壊 作家が語る惨敗の原因

「数字を聞いた瞬間、冷や汗が止まらなかった」と動揺を隠せないのはTBS関係者だ。 木村拓哉(44)のSMAP解散後初となる主演ドラマ、TBS日曜劇場「ALIFE〜愛しき人〜」(日曜21時〜)が15日に25分拡大でスタートしたが、初回視聴率14.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)...
前田敦子、AKB48「365日の紙飛行機」を知らず 厳しい声あがる

前田敦子、AKB48「365日の紙飛行機」を知らず 厳しい声あがる

前田敦子 元AKB48の前田敦子(25)が16日、テレビ朝日系『中居正広VS芸能人50人!世代別クイズバトルジェネレーションチャンプ』に出演。前田がAKB48の楽曲「365日の紙飛行機」を答えられない一幕があり、ネット上で厳しい声が挙がった。 20代〜60代チームの対抗戦形式でクイズ問題に挑む番組。前田は20代チー...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://gossiple.com