掲示板芸能ニュースに様々な芸能情報が集まる!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

宇多田ヒカルのデビューが音楽業界に与えた衝撃 驚くべき快進撃

宇多田ヒカルのデビューが音楽業界に与えた衝撃 驚くべき快進撃
宇多田ヒカルが、およそ8年半ぶりにオリジナルアルバム『Fantome(ファントーム)』を発売する。宇多田と言えば、1stアルバム『FirstLove』の衝撃が忘れられない。そこでオリコンが発行するエンタテインメント業界誌『コンフィデンス』に掲載された当時の宇多田ヒカルに関する記事から、同作が音楽業界に与えた影響について改めて振り返ってみたい。
宇多田ヒカルが残した記録(表)
『FirstLove』は国内アルバムセールス歴代1位を記録
21世紀を目前に控えた99年3月10日にリリースされた、宇多田ヒカルのアルバム『FirstLove』。前年12月にデビュー曲をリリースしたばかりの新人アーティストによるこの1stアルバムが、累計売上767.2万枚(※)を記録。国内アルバムセールス歴代1位を誇る、日本の音楽史における金字塔になった。今回、8年半ぶりにアルバムをリリースするにあたり、宇多田のデビューが音楽業界に与えた衝撃がどれほどのものであったのか、オリコンが発行するエンタテインメント業界誌『コンフィデンス』に掲載されたアルバム発売当時の記事から読み解いてみたい。
彼女について誌面で初めて言及したのは99年1月4日号。『ブレイクアーティストを探せ!』と題した特集だった。同企画では、テレビ、ラジオ、広告代理店、有線放送、レコードメーカーの関係者に対して行ったアンケート調査を実施。ここで宇多田は圧倒的な評価を獲得し、ブレイクが最も期待されるアーティスト総合1位となる。この結果について記事では、「一度聴いたら忘れられないパワフルかつエモーショナルなボーカル、優れたソングライティング力、存在感は群を抜いており、98年後半の音楽シーンに突如として現れた新星に、早くも業界内部では興奮気味だ」と伝えている。
では、彼女の何がそんなに驚くべきことだったのか。デビュー曲「Automatic/timewilltell」が売上65万枚を突破した99年3月15日号において、「特筆すべきはタイアップやTV出演等の定番のセールスプロモーションをほとんど行っていないにもかかわらず凄まじいヒット作に繋がったこと」と分析。聴く人がその良さを評価し、次々と口コミが広がったことによるヒットであることを指摘している。
そして満を持して発売した1stアルバム『FirstLove』で、宇多田は驚くべき記録を達成する。
当時アルバムとシングルを合算した、売上1000万枚突破までの最短記録を持っていたのは、小室哲哉率いるglobeだった。彼らは、95年8/21付での初登場以来、9ヶ月で500万枚突破。1000万枚突破は96年11/18付。1年3ヶ月での達成だった。ところが宇多田はそれを6ヶ月足らずで達成(98年12/21付〜99年6/7付)。これまでの記録を3分の1にまで縮めてしまったのだ。
その後も宇多田の快進撃は続く。01年3月発売の2ndアルバム『Distance』は、前作『FirstLove』を上回り、史上最高初動売上となる300.3万枚を記録。これは、『FirstLove』の最高アルバムセールス記録とともに今も破られていない。さらに、10年11月に発売した『UtadaHikaruSINGLECOLLECTIONVOL.2』まで、アルバムが7作連続で首位を獲得。デビューから7作連続のアルバム首位獲得は女性アーティストでは最多の記録となっている。
時代が彼女の登場を待ちわび、それに応えるように次々と日本の音楽業界の記録を塗り替えてきた宇多田ヒカル。彼女の再スタートを、ブレイクのきっかけとなったラジオでは異例の全国101局のパワープレイで迎えた。16年の音楽業界は、宇多田のデビュー当時とはまったく様相が異なる環境だ。しかし、アーティストが作品を送り出し、それをメディアやファンが口コミで広めていくというヒットの図式は普遍だ。金字塔を打ち立てた時代の寵児が、再び日本の音楽シーンを盛り上げる。
(※)14年3月発売『FirstLove-15thAnniversaryEdition-』の売上を含む
(コンフィデンス16年9月26日号掲載)

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

宇多田ヒカルの最高傑作だと思う曲 2位は「Automatic」、1位は?

宇多田ヒカルの最高傑作だと思う曲 2位は「Automatic」、1位は?

宇多田ヒカルさんは『Automatic』で音楽シーンに突然出現し、大ヒット曲を連発。長年数々のヒットソングを生み出していて、世代を超えて愛される歌手の一人ですよね。大学生のみなさんにも、お気に入りの曲があるのではないでしょうか?今回は、宇多田ヒカルさんの楽曲について「最高傑作」だと思うものを社会...
宇多田ヒカルやaiko…1998年にデビューした歌姫5人の現在の立ち位置

宇多田ヒカルやaiko…1998年にデビューした歌姫5人の現在の立ち位置

宇多田ヒカルと椎名林檎が、宇多田の新アルバム『Fantome』内の新曲「二時間だけのバカンス」でデュエットし、そのどことなく妖しい雰囲気もあるMVが公開されて話題になっている。宇多田と椎名といえば、1998年に東芝EMI(当時)からデビューした“同期”であり、2002年に“東芝EMIガールズ”を名乗って共演してい...
宇多田ヒカルの新アルバムは「特典なし」 売り方に称賛

宇多田ヒカルの新アルバムは「特典なし」 売り方に称賛

8年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Fantome』(UNIVERSALMUSIC)を28日に発売するアーティスト・宇多田ヒカルに対し、称賛の声が相次いでいる。 2010年に「人間活動に専念する」として、翌年以降の活動休止を発表した宇多田だが、活動再開後はテレビ出演にも積極的。休止中の6年間は「ほぼ歌っていなかった...
スガシカオ NHKの番組内で完成させた曲がお蔵入りになった過去

スガシカオ NHKの番組内で完成させた曲がお蔵入りになった過去

12日放送の「アウト×デラックス」(フジテレビ系)で、ミュージシャンのスガシカオがNHKの番組内で完成させた曲がお蔵入りになっていたことがわかった。 この日は、ゲストのスガが「アウトな一面」を語った。その中で「プロフェッショナル仕事の流儀」(NHK総合)で密着取材されたエピソードが紹介される。ス...
小室哲哉が宇多田ヒカルに敗北感を抱いた過去を語る

小室哲哉が宇多田ヒカルに敗北感を抱いた過去を語る

10日放送の「マツコの知らない世界2時間スペシャル」(TBS系)で、音楽プロデューサーの小室哲哉が、宇多田ヒカルについて語った。 番組では「マツコの知らない小室プロデュースの世界」と題して、ゲストの小室が、自身のプロデュースした楽曲のヒットの理由や、アーティストにまつわるエピソードを披露した。...
「日本レコード大賞」に疑問の声 力のある事務所が裏で操作か

「日本レコード大賞」に疑問の声 力のある事務所が裏で操作か

昨年12月30日に『第58回日本レコード大賞』が発表されたが、ネット上ではその受賞作品に数々の疑問の声が挙がっている。今回のレコード大賞を受賞したのは、西野カナ(27)の『あなたが好きなところ』で、西野カナ自身初の大賞受賞に加え、平成生まれの女性ソロ歌手として初の快挙を達成したことでも話題を呼...
いきものがかり「放牧宣言」の裏で 吉岡聖恵が年上男性と「7年愛」?

いきものがかり「放牧宣言」の裏で 吉岡聖恵が年上男性と「7年愛」?

人気の男女3人組バンド「いきものがかり」が5日、公式サイトで活動休止を発表した。「放牧宣言」と称する通り、後ろ向きなものではなく、メンバーのリフレッシュが目的とした。だが、メンバーそれぞれに何か理由があるのは明らか。なかでも、ボーカル・吉岡聖恵(きよえ=32)は年上の一般男性と長年交際...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://gossiple.com