掲示板芸能ニュースに様々な芸能情報が集まる!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

ASKAの尿検査の真相 告白本の出版担当者「真相は聞きました」

ASKAの尿検査の真相 告白本の出版担当者「真相は聞きました」
覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕も不起訴処分になった歌手のASKA(58)。執筆中と伝えられていた告白本の出版担当者が9日放送の「バイキング」(フジテレビ系)の直撃取材に対し、告白本を出版するに至った経緯やASKAの近況を語った。
ASKAは8日に更新した自身のブログで《明日、9日。フジテレビ「バイキング」に、出版社で「700番」担当の方が、出演されるそうです。本についてのコメントがあるかもしれません。もう、収録を終えられたようですが、内容は、僕も知りません。これに関しましては「発信厳禁」「秘密保持」のプロジェクトだったんです。もし、本に触れてあるならば、ようやく解禁となります。観てみましょう》と綴っていた。
ブログの文面にある「700番」とはASKAが留置所にいたときの留置番号で、昨年末に逮捕・釈放された際の騒動が綴られている告白本のタイトル。ASKAは2日のブログの中で《今回の事件を検証するために「700番第3巻」を、執筆中です。》《焦点は、「なぜ、僕が尿ではなくお茶にすり替えたのか」》、そして5日のブログで《さぁ、本が書きあがったぞ!》と記していた。番組の直撃に対し、出版担当者は釈放後のASKAの様子を次のように語った。
「釈放されたのが12月19日でしたね。20日に今回の状況についてASKAさん本人の口から聞いて、それを記事にしたいとコンタクトを取らせていただいて。そのまま、その日の夜に電話で取材させていただいたんですけども。こちらが質問した内容を即座に意図を理解していただいて、非常に冷静に淡々とお答えてしているという印象がありました。報道でろれつが回っていないとか、そういった記事とかも見たこともありますけど、そういったことも全くなく、ハキハキと語尾もキチンとして話されているなという感じでしたね」
釈放後のASKAは冷静で、取材にも理路整然と答えたと出版担当者は言う。では出版担当者の目には、11月の再逮捕はどう映っていたのか。出版担当者はこう続けた。
「(第一報を受けて)まさかという感じはありました。逮捕当日以前から本人と打ち合わせでやり取りをさせてもらっていました。そのときの様子からは、いわゆるおかしな様子であるとか言動があるっていうことは全く見受けられませんでしたので、それでまさかと思いました。(ASKAと連絡を取ったのは)昨年の9月末。ASKAさんの自伝の出版の企画を考えておりまして、それが理由で打ち合わせを重ねさせていただいております」
出版担当者はASKAの自宅の地下室にあるスタジオで直接本人に合い、定期的に打ち合わせを重ねていたとのこと。ただ現在ASKAは福岡県の実家にいるため、電話やメールでやりとりをしているという。では、著書の核心である“尿検査にお茶を提出した真相”については聞いているのだろうか?出版担当者はこう話した。
「聞きました。当日、110番で警官を呼んだんですけど。実際に警官がやってきて、警官と奥さんの立ち会いの中で、どうやってスポイトを取り出して、どうやって警官の目をくぐり抜けて、採尿できたかということを聞きました。詳細の部分というのは、話すと1時間にも2時間にもなるということでしたので、そこは予定しております本の中で綿密に書かれています」
そんなASKAの告白本発売時期は今のところ未定だが、急ピッチで進められているとのこと。気になるその真相は、近々出版される著書の中で明らかにされるようだ。

この芸能ニュースに関連する芸能人

  • ASKA ASKA

    +お気に入り登録

関連芸能ニュース

井上公造氏に同業者からもクレーム ヤクザの世界にも精通か

井上公造氏に同業者からもクレーム ヤクザの世界にも精通か

芸能リポーターの井上公造氏への批判が強まっているが、業界内でも“陰口”がささやかれだした。 「あの人が番組で自慢げに話している中には、週刊誌の記事そのままのものがあって、『またパクられた』とこぼす記者もいる」(雑誌記者) 「同じネタの使い回しが多い。こっちで『とっておきの独占情報』とか言っ...
ASKA 実母死去をブログで示唆「母をこれから僕ら家族は見送って参ります」

ASKA 実母死去をブログで示唆「母をこれから僕ら家族は見送って参ります」

覚醒剤取締法違反(使用)容疑で逮捕も不起訴処分になった歌手のASKA(58)が13日、ブログを更新。実母が亡くなったことを打ち明けた。 ASKAは「刑事さんも、検事さんは、もう知っていらっしゃいますよね?僕が何もやっていないことは。プライドのために冤罪を生むのは止めてください」と捜査陣の...
薬物使用疑惑の大物歌手 「ASKAを楽屋に入れるな!」と絶叫か

薬物使用疑惑の大物歌手 「ASKAを楽屋に入れるな!」と絶叫か

“薬物使用疑惑”がついて回る大物歌手Xの信じられないエピソードをキャッチした。それも、あの歌手・ASKA(58)がらみというから無視できない。XとASKAは旧知の仲。にもかかわらず自らのコンサートにASKAが来ると知るや、スタッフに「楽屋に絶対入れるな!!」と目をつり上げ絶叫したというの...
坂上忍 「バイキング」でITジャーナリスト三上洋氏の失態を責め立てる

坂上忍 「バイキング」でITジャーナリスト三上洋氏の失態を責め立てる

9日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、司会の坂上忍が、ITジャーナリスト・三上洋氏の凡ミスを激しく責め立てる場面があった。 番組では「解禁芸能記者が激白!スクープ間近ニュース」と題し、スタジオで芸能記者らが、持ち寄ったネタを解禁していた。 その中で、芸能記者の神谷明良氏が、「ゲスの極み...
たんぽぽ川村エミコが破局した理由にブーイング「何言ってんだよ!」

たんぽぽ川村エミコが破局した理由にブーイング「何言ってんだよ!」

19日放送のフジテレビ系「バイキング」(月〜金曜・前11時55分)では、お笑いコンビ「たんぽぽ」の川村エミコ(37)が、アダルトグッズメーカー「TENGA」の松本光一社長(49)と昨年末に破局していたことを取り上げた。 昨年大みそかに川村は、自身のブログで「わたくしごとですが、独り身にな...
有吉弘行の元相方・森脇和成 猿岩石時代の年収を告白

有吉弘行の元相方・森脇和成 猿岩石時代の年収を告白

猿岩石としてブレークしたタレントの森脇和成が19日、フジテレビ系「バイキング」のインタビューに応じ、芸能界から事業家に転身したものの、事業経営に失敗した辛い時期を赤裸々に語った。 番組では、芸能界以外の副業を行っている人を特集。成功した人もいれば失敗した人もいるという中で、森脇はうまくい...
松嶋尚美が袴田吉彦の不倫を暴露した相手女性をバッサリ「バカでしょう」

松嶋尚美が袴田吉彦の不倫を暴露した相手女性をバッサリ「バカでしょう」

18日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で松嶋尚美が、俳優・袴田吉彦の不倫を暴露した相手女性を痛烈に非難した。 番組では、袴田の不倫騒動を取り上げた。袴田は12日発売の「週刊新潮」に、元交際相手の30歳グラビアアイドルから不倫を暴露された。記事では、袴田がソファーで眠る写真やLINEのやり取りが...
川合俊一がバイセクシャルに「節操がない」と発言 坂上忍が訂正

川合俊一がバイセクシャルに「節操がない」と発言 坂上忍が訂正

18日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、川合俊一がバイセクシャルについて「節操がない」と発言し、坂上忍が訂正するような場面があった。 番組には声優・三ツ矢雄二が生出演し、他局の番組において62歳にして自身がゲイだと初告白した心境について語った。三ツ矢がこれまで「グレーゾーン」と言ってき...
タモリ「好きな国を見せておきたい」 妻と念願のアジア旅行へ

タモリ「好きな国を見せておきたい」 妻と念願のアジア旅行へ

32年間、平日の昼間に1時間の生放送番組を抱えていたタモリ(71才)の口癖は、「おれは香港より西に行ったことがない」だった。多忙すぎるゆえに、長年、宿泊を伴う旅行はしたくてもできなかったのだ。それは長年連れ添っている愛妻A子さん(74才)も同じ。結婚生活47年間で、国内の夫婦旅行でさえ数えるほど...
高橋真麻 地方局の番組でJJモデル・大川藍をガチ泣きさせる騒動か

高橋真麻 地方局の番組でJJモデル・大川藍をガチ泣きさせる騒動か

元フジテレビのアナウンサーで現在はタレントとして活躍する高橋真麻が、モデルの大川藍を“ガチ泣き”させるという衝撃の事件が起きた。 事件が発生したのは、地方局の番組で、千原ジュニアと高橋が、はしご酒をしながらロケをするトークバラエティ。昨年末にゲストとして大川を迎えたのだが……。 「番組の趣旨...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://gossiple.com