掲示板芸能ニュースに様々な芸能情報が集まる!

芸能速報チャンネル ごしっぷる

SMAPロスに悩む女性ファンが続出 「何を支えに生きれば…」

SMAPロスに悩む女性ファンが続出 「何を支えに生きれば…」

12月31日に解散をしたSMAP。この日、木村拓哉(44才)を除くSMAPメンバー中居正広(44才)、稲垣吾郎(43才)、草なぎ剛(42才)、香取慎吾(39才)と1996年に脱退した森且行(42才)が打ち上げを開催したという。

「解散発表の翌日はショックのあまり会社を休んでしまったし、スマスマの最終回も、無理言って半休を取ったくらい。これまで行ったコンサートで購入したグッズやタオルを身につけてテレビを見ていたら、涙が止まらなかった。あぁ、この曲の時に自分は結婚して、あの曲の時に出産して…と全てがオーバーラップしてしまって。

解散後の心境ですか?もう何もやる気が起きないというか、食事も作れません。毎日スーパーの総菜を買っています。何を支えに生きればいいのかわからないんです」

こう嘆くのは、SMAPファン歴25年、CDデビューからメンバーを見守り続けた都内在住A子さん(45才・事務職)。

心のよりどころだったSMAPなき今、喪失感のあまり日常生活にも支障が出ているという。

「今年は年賀状も書けませんでした。おせちも手抜き。家族にも心配されていますが、どうにも気力がわいてこなくて…」(A子さん)

同様に、SMAPロスに悩む女性ファンは後を絶たない。

「木村さんと4人の険悪ムードとか和解の兆しとか、新しい報道が出るたびに一喜一憂して、すでに心身が疲れ切っていた部分はありました。社会に出てからずっとSMAPと共に生きてきたし、コンサートとか、SMAPを通じて知り合った友人もたくさん出来た。そうやって作り上げた人生の彩りが、解散で消えてしまった気がするんです。解散発表以降、食欲がわかなくて、この3か月で5kgも痩せました」(47才・保険会社勤務ファン歴20年)

「署名運動もしたし、朝日新聞の『1万人広告』(SMAPファン1万人が出資した広告)にも出資しました。でも解散は避けられなかった。私のやったこと、何の意味もなかったのかなって。再結成を望んでいますが、何年先になるのかもわからない。こんな悲しい気持ちで生きていくのは本当につらいです」(45才・専業主婦・ファン歴25年)

これまでも芸能人を巡る「〇〇ロス現象」はあった。

だが、SMAPのそれは趣が違う。アイドルには珍しく、SMAPファンの大半を占めるのは30〜50代の主婦である。25年という長い時間を、思春期からずっと共に過ごしてきた女性も多い。

ファン自身も結婚・出産など人生の節目を経験し、“中年男性”になった彼らの喜びも悲哀も丸ごと受け入れて、5人の存在が日常の一部と化していた。元ジャニーズファンの作家・宮木あや子さんが語る。

「絶対に壊れないはずの頑丈な何かが、かまいたちみたいな被害にあって突然壊れた感じ。壊れたけど代替品がないから、その破片をどうしても捨てられない。人生や心身のどこかを無理矢理引きちぎられたようなものです。

私も含めて、一部のファンは応援が“依存”のレベルに達することがある。来週あの人がテレビに出るからそれまで頑張って生きよう、3か月後の新アルバムを全種買うためにたくさん働こう、とか。『あなたがいるから生きられる』という原初的な感情にまで行き着くんです。彼女たちにとって、SMAPの解散は生きること、働くことのモチベーションを失うに等しい出来事だったのです」

だからこそ、ライブも会見もないという、このやるせない終焉に、ファンは自分なりに“けじめ”をつけようともがいてきた。

《解散は事務所の意向で、メンバーの意志ではない》 《メンバーの絆は本物。解散撤回もあり得る》 《実際は一時的に活動休止するだけ。5人の再結成は近い》

ネット上には今も真偽不明の情報が溢れている。多くのファンが、有象無象の書き込みから解散を納得させてくれそうな“材料”を探し、能(あたう)限りの祈りを胸に生きてきた。

「でも大晦日の慰労会さえ木村くんが来ないとなると…。僅かな望みすら断たれたようで、泣けてきますね。森くんまで駆けつけたのに木村くんは不参加って、どういう状況なんだろう。最後まで徹底的にファンの気持ちを裏切るんでしょうか。心が折れました」(木村ファン)

※女性セブン2017年1月19日号

この芸能ニュースに関連する芸能人

関連芸能ニュース

森且行がSMAP慰労会にやんわり言及「焼き肉は好き」

森且行がSMAP慰労会にやんわり言及「焼き肉は好き」

元SMAPでオートレーサーの森且行(42)が21日、G2開催中のボートレース大村(長崎県)でトークショーを行い、昨年大みそかに都内の高級焼き肉店で行われた“SMAP打ち上げ”に参加したことについて、やんわりと言及。「焼き肉は好きですよ」とリップサービスした。 木村拓哉(44)を除く4人のメ...
木村拓哉の異例の「過剰露出」作戦 草なぎ剛とのドラマ対決に本気

木村拓哉の異例の「過剰露出」作戦 草なぎ剛とのドラマ対決に本気

年明け早々、ドラマの番宣が街に横溢した「キムタク」。この露出過剰、草なぎ剛(42)に数字で負けられぬジャニーズのお家事情も重なっているという。 *** 木村拓哉(44)が主演を務めるドラマ「ALIFE〜愛しき人〜」(TBS)は、1月15日夜9時からスタートした。SMAP解散後の初仕事とはいえ、外野から見ても...
SMAP解散式 当初は出席する予定ではなかった森且行が来た理由

SMAP解散式 当初は出席する予定ではなかった森且行が来た理由

(全5枚) キムタク抜きでのSMAP解散の忘年会が開かれたのは、2016年の大晦日、午後7時のことだった。会場になったのは、「芸能界のドン」こと田辺エージェンシー・田邊昭知社長の息のかかった東京・港区の焼肉店である。 自宅を出たメンバーのうち、最初に徒歩で店に向かったのは、山高帽風ではあるものの、モ...
SMAPの慰労会 木村拓哉は他のメンバー全員が揃ってから呼ばれた?

SMAPの慰労会 木村拓哉は他のメンバー全員が揃ってから呼ばれた?

昨年12月31日のSMAP解散の日、木村拓哉(44)以外のメンバーが慰労会を行っていたことを『週刊新潮』(新潮社)などが報じ、木村の孤立が明確となった。しかし、1月12日付の『日刊スポー ツ』は1面で“キムタクも呼ばれていた”と報道。全員が揃う可能性があった旨も伝えている。 『週刊新潮』は木村以外の4人が...
SMAP 光GENJIのバック時代に「帰れコール」が起きた過去

SMAP 光GENJIのバック時代に「帰れコール」が起きた過去

2016年内をもって解散を発表したSMAP。これまで5人と共に歩んできたファンは、涙にくれる日々が続いている。長年彼らを取材してきた本誌関係者にとっても思い出深いグループだ。 25年間、SMAPを見続けてきたカメラマンTが、初めてSMAPを知ったのは、まだその名前がつく前。1998年、光GENJIのコンサートでのこ...
吉高由里子が5年ぶりに映画主演へ「悲しい殺人者」演じる

吉高由里子が5年ぶりに映画主演へ「悲しい殺人者」演じる

女優吉高由里子(28)が映画「ユリゴコロ」(来年9月公開、熊沢尚人監督)で、5年ぶりに映画に主演することが11月30日、分かった。同作で吉高は初めて殺人者を演じる。主人公の美紗子は、人の死に心のよりどころを見いだし、殺人という行為から逃れられない女性。しかし愛という感情を知ることで苦悩...

コメント(0)

名前
コメント
※必須
http://gossiple.com