掲示板芸能ニュースに様々な芸能情報が集まる!

シン・ゴジラ

「シン・ゴジラ」と一緒に検索されているワード

  • シン・ゴジラ 動画,
  • シン・ゴジラ 興行収入,
  • シン・ゴジラ 海外の反応,
  • シン・ゴジラ 第二形態,
  • シン・ゴジラ音楽集,
  • シン・ゴジラ blu-ray,
  • シン・ゴジラ bd,
  • シン・ゴジラ ブルーレイ,
  • シン・ゴジラ 感想,
  • シンゴジラ,
  • シン・ゴジラ ジェット,
  • シン・ゴジラ 予告編,
  • シンゴジラ 公式サイト,
  • シン・ゴジラ 全身公開,
  • シンゴジラ 予告,
  • シンゴジラ ネタバレ,
  • シンゴジラ フィギュア

「シン・ゴジラ」に関する芸能ニュース

松岡修造、実はバリバリの「宝塚ファミリー」 長女も受験へ

松岡修造、実はバリバリの「宝塚ファミリー」 長女も受験へ
「夢持ってねぇんだったら、生きてる意味ねぇじゃんか。いいか、夢っていうのは自分中心に考えたらどうにかなるんだ。夢っていうのは、見るもんじゃねえんだよ。掴むものなんだよ!掴んでけ!」 自身の応援メッセージビデオではそう吠えまくる松岡修造(49才)。1男2女の父でもあり、子育てでも「叱ったりホメ...

CM好感度と放送回数ランキング 「三太郎」で人気のauが3年連続1位

CM好感度と放送回数ランキング 「三太郎」で人気のauが3年連続1位
CMに関する調査を行うCM総合研究所は17日、2017年の正月三が日(1月1日から3日)に放送されたCMの銘柄別好感度と放送回数ランキングを発表。オンエアされた全2372銘柄中好感度1位は3年連続で【KDDI/au】となった。 【動画】CM好感度1位「三太郎」オールスターが出演 2015年1月にスタートした「三太郎」シリー...

日本アカデミー賞「怒り」が最多11部門 広瀬すずと宮崎あおいがW受賞

日本アカデミー賞「怒り」が最多11部門 広瀬すずと宮崎あおいがW受賞
「第40回日本アカデミー賞」の優秀賞発表会見が16日、都内で行われ、「怒り」が最多11部門で受賞した。広瀬すず(18)と宮崎あおい(31)が主演・助演のダブル受賞した。 優秀作品賞には「怒り」(監督李相日)、「家族はつらいよ」(監督山田洋次)、「シン・ゴジラ」(総監督庵野秀明、監督樋口真...

松本人志、NHK紅白歌合戦の演出批判に持論 「他局は負け犬の遠吠え」

松本人志、NHK紅白歌合戦の演出批判に持論 「他局は負け犬の遠吠え」
お笑いコンビ・ダウンタウンの松本人志(53)が、15日に放送されたフジテレビ系トーク番組『ワイドナショー』(毎週日曜10:00〜11:15)で、『NHK紅白歌合戦』に対する演出批判に持論を述べた。 映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画や、タモリとマツコ・デラックスによる寸劇などに対して賛否が分かれた昨年大みそ...

「君の名は。」がなぜ10位圏外?「キネマ旬報ベスト・テン」の謎

「君の名は。」がなぜ10位圏外?「キネマ旬報ベスト・テン」の謎
先日、「第90回キネマ旬報ベスト・テン」が発表され、日本映画部門の1位には、のんが声優として主演を務めたアニメ映画『この世界の片隅に』が選ばれ、続く2位には『シン・ゴジラ』、3位には『淵に立つ』がランクインした。 そんな中、2017年1月9日現在、興収229億2482万5900円をあげて、日本映画歴代興行収入...

紅白視聴率40%超えも演出に批判 一方で人気演歌歌手に高評価も

紅白視聴率40%超えも演出に批判 一方で人気演歌歌手に高評価も
昨年大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」の平均視聴率の第1部が35.1%、第2部が40.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが明らかになった。 一昨年は、午後9時からの第2部で記録が残っている1962年以降で最低となる39.2%を記録したが、2年ぶりの40%超えとなった。 視聴率アップも演出面に対し...

紅白歌合戦に「グダグダ」と批判的な声 和田アキ子の不在が影響したか

紅白歌合戦に「グダグダ」と批判的な声 和田アキ子の不在が影響したか
昨年の大晦日に放送された「第67回NHK紅白歌合戦」。第2部は平均視聴率40.2%を記録し、復調の兆しをみせた。しかし、内容的には「グダグダだった」「スベっていた」など、ネット上では批判的な声が数多く上がってしまった。いったい何が原因なのか、そこには大御所歌手・和田アキ子の不在があるという。 まず...

紅白歌合戦 タモリ&マツコ・デラックスの企画に劇作家が辛口評価

紅白歌合戦 タモリ&マツコ・デラックスの企画に劇作家が辛口評価
2016年の「第67回NHK紅白歌合戦」は“一票の格差”で揺れた。視聴者票や会場票で白組圧勝かと思われたが、審査員票で紅組優勝という結果には司会の女優、有村架純(23)も困惑の表情。国民の番組で国民の声は反映されなかったようだ。 SMAP出場が消えて注目された平均視聴率はは第1部で35・1...

ピコ太郎 紅白歌合戦で「渡辺直美と同じ扱いじゃ嫌」とゴネた?

ピコ太郎 紅白歌合戦で「渡辺直美と同じ扱いじゃ嫌」とゴネた?
昨年大みそかに東京・渋谷のNHKホールで行われた『第67回NHK紅白歌合戦』で、千葉県出身のシンガーソングライター・ピコ太郎が、不自然なほど頻繁に登場した。 ピコ太郎は、ビヨンセに扮した女芸人・渡辺直美とともに紅白史上初の企画だった「紅白HALFTIMESHOW」に参加。世界的に大ヒットした「ペンパイナッポ...

グダグダ演出を連発した紅白歌合戦 隠れた「戦犯」はSMAP?

グダグダ演出を連発した紅白歌合戦 隠れた「戦犯」はSMAP?
昨年大みそかに放送された『第67回NHK紅白歌合戦』の、謎の演出やグダグダ感が大きな波紋を呼んでいる。 挙げればキリがないが、映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画や、ピコ太郎の過剰出演に加え、スペシャルゲストとして出演したタモリとマツコ・デラックスの使い方にも大きな疑問が残った。 さらには、番組...

劇作家の鴻上尚史氏 紅白歌合戦に厳しい意見「人間の生理を完全に無視」

劇作家の鴻上尚史氏 紅白歌合戦に厳しい意見「人間の生理を完全に無視」
2016年の大みそかに放送された「第67回NHK紅白歌合戦」。大ヒット映画『シン・ゴジラ』とのコラボ企画をはじめ、目新しい企画が数多く盛り込まれた内容となった一方で、視聴者からは「なんかグダグダだな」「明らかにリハ不足」との感想も目立った。 確かに、4時間30分に及ぶ長い放送中には、ネット上で飛び交...

「君の名は。」飛躍をもたらした東宝副社長の決断「300館規模でいこう」

「君の名は。」飛躍をもたらした東宝副社長の決断「300館規模でいこう」
右肩上がりの時代なんてもう来ない、という話をよく聞く。本当にそうなのだろうか?実は身近に、30年にも及ぶ「どん底」から抜け出して絶好調を迎えている業界がある。日本映画だ。2016年の日本映画界は、「君の名は。」「シン・ゴジラ」を筆頭にメガヒットが次々に生まれた。「なぜか」を取材してたどり着い...

紅白歌合戦 武田真一アナがゴジラ襲来で突如「PPAP」を披露

紅白歌合戦 武田真一アナがゴジラ襲来で突如「PPAP」を披露
■『第67回NHK紅白歌合戦』(31日、NHKホール) スペシャル企画では今年大ヒットを記録した映画『シン・ゴジラ』とのコラボが実現。この日会場のNHKホールに“襲来”したというゴジラの動向を司会の武田真一アナが緊迫感あふれる本格的な現場実況で盛り上げた。 【フォトギャラリー】欅坂46や星野源の“恋ダンス”...

2016年の映画満足度ランキング 1位は「この世界の片隅に」

2016年の映画満足度ランキング 1位は「この世界の片隅に」
ガジェット通信のふかみんです。 映画レビューサイト「Filmarks」さんの2016年映画満足度ランキングが発表されましたのでお知らせします。 ■2016年映画満足度ランキング 1位:『この世界の片隅に』(東京テアトル)4.39 2位:『シング・ストリート未来へのうた』(ギャガ)4.26 3位:『PK』(REGENTS)4.21 4...

ビートたけしがSMAPに厳しいコメント「芸能界はそう甘くない」

ビートたけしがSMAPに厳しいコメント「芸能界はそう甘くない」
【ビートたけし本紙客員編集長の世相メッタ斬り】NHK紅白歌合戦の出場辞退を発表し、メンバー5人揃ってのテレビ出演は26日の「SMAP×SMAP」(フジテレビ系)最終回が最後となる国民的アイドルグループSMAPに対し、ビートたけし本紙客員編集長(69)は「解散したら落ち目になるヤツも出てく...

「シン・ゴジラ」に関するネット上の評判

http://gossiple.com